March 8, 2019

March 8, 2019

July 21, 2018

April 19, 2018

Please reload

Recent Posts

今上陛下即位記念・御寺泉涌寺 特別公演

Wednesday, October 9, 2019

1/10
Please reload

Featured Posts

海外活動のご協賛とご支援について

July 4, 2016

 

 

日本伝統である「一筆龍」を海外個展やイベントを通してアピールし、後世の日本に後継者を遺す・・・

「一筆龍」は日本の伝統技法であり、江戸時代に繁栄をしましたが、現在プロとして活動する絵師は日本では私、手島啓輔を含め3名しかおりません。


これまでも、一筆龍の伝統を広げるために様々な場所でのパフォーマンスをしてきました。そんな折、あるフロリダのアートディレクターの目にとまり、日本の伝統を海外に発信するという観点から、アメリカ・フロリダのセント・ピーターズ・バーグ大学・セーフティ・ハーバー・ミュージアムの2会場での個展・グループ展、そしてロサンゼルスイベントを開催し、大好評で終わることができました。

「一筆龍」の実演を現地の方に観ていただく事で、海外の人々が日本古来の文化・伝統に触れ、日本に興味をもつ事、日本を身近に感じ、新たな価値観を持ってもらう事を目的としております。

さらに、「一筆龍」のみならず、伝統技術・伝統工芸が失われていく背景には、後継者がいないことが大きな理由として挙げられる現状を鑑み、先人達の築いた技が海外での評価を受けることで、次世代へ夢を与え、新たな後継者の発掘、未来の日本伝統の継承へと促す目的もあります。

日本伝統を後世へ伝えていくために、伝統技法を世界の皆様に実際に見ていただき、いずれ世界中でパフォーマンスをやって行きたいと考えます。江戸時代より続く絵師として世界で挑戦する私の姿は、きっと多くの日本の若者に勇気と感動を与え、より日本伝統への興味を持ち、その中から伝統の後継者が生まれることと信じています。

 

 

【 ご協賛のお願い 】

 

 

今後は、「台湾」「香港」「シンガポール」等のアジア圏、「フロリダ」「ロサンゼルス」「ハワイ」等の海外活動も控えております。

 

私のライフワークでもある【神社仏閣への奉納】や【一筆龍を通じて人のご縁を繋ぐ】活動は日本でも継続しつつ、和の精神や日本伝統を世界へ繋ぐ活動へも力を入れていく所存でございます。

 

古くから伝わる日本の伝統文化『一筆龍』絵師として、広くその良きご縁をつなげることが出来るよう、気持ちを新たに行って参りたいと存じます。

 

 

しかし、海外に活動の場を広げる為にはまだまだ資金が足りません。

 

 

毎回の事ですが、イベントパフォーマンスに際して、事前の準備や現地での活動にかなりの費用がかかります。

 

つきましては、皆さまからご支援としての協賛金を賜りたく、伏してお願いを申し上げます。

 

協賛を頂いた皆さま方には、感謝・御礼の気持ちを込めまして、お名前やお好きな文字を入れるのはもちろんのこと、協賛を頂く方には【現地にて使用する海外用のサイン】【現地イベント用限定グッズ】を入れて送らせて頂きたく思います。

 

★協賛いただける方は、下記の1~4までをemail またはお電話にてご連絡くださいませ。折り返しお振込み先のご連絡を致します。

Email: info@onestrokedragon.com 手島啓輔宛て、または直通09064240948まで。

 

●注意事項●  ご注文時に【協賛注文】か【通常注文】かをお知らせください。(絵のサインが変わる為)
 

1.お名前(絵に入れさせて頂くご希望名がありましたらお知らせください。)
2.ご住所(絵のお届け先)
3.お電話番号・連絡先
4.協賛作品の金額(以下の中からお選びください)
【15万円】【10万円】【5万円】【3万円】【1万円】

なお、絵はすべて額装されて送られます。

 

※【15万円】
現地でのイベントにて書かせて頂いた一筆龍に、協賛者(社)様のお名前、現地での作品限定サインを入れさせて頂き、帰国後にお届け致します。
絵のサイズは特大または現地での特別サイズになります。

 

※【10万円】
同上
絵のサイズは大サイズになります。

 

※【5万円】
中サイズの一筆龍に協賛者(社)様のお名前、現地での作品限定サインをお入れします。

 

※【3万円】
絵のサイズは小サイズ(510×400)になります。協賛者(社)様のお名前をお入れします。

 

※【1万円】
小サイズよりも小さい特別サイズになります。協賛者(社)様のお名前をお入れしまして、送らせて頂きます。

 

何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

Please reload

Follow Us